忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 63 |  62 |  60 |  59 |  58 |  57 |  56 |  55 |  54 |  53 |  52 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋愛なんて、男女間の
多少の諦めと多大なる妥協によって
成り立つものだと分かっている。
分かりたくないけど、経験上、知っている。
それなのに・・・。

ここんとこ、
恋愛シミュレーションゲームがやりたくて
ウズウズしているとこへ
友人のツバメちゃんが、
「ときめきメモリアルGirl's Side」を貸してくれた。
好きな男の子を、高校の3年間をかけてゲットするという
画期的なゲームである(発売は5年前)

昔、男子達がハマりにハマった
「ときメモ」に登場する女子全員を
いともあっさりと、とりこにした私である。
チョロいな♪
男子生徒はすべて私のもの・・・
と、思ったのが甘かった。

なにこれ。
なんなの?
ヤバい、ヤバすぎるんですけど、これ。
難しいヤツから攻略しようとしたのが
悪かったのかな、いや、そんな事はない・・・。

ひたすらパラ上げして
イベントクリアして
服も相手好みにあわせ
スチルも見て
他の男子の爆弾処理して
目標をデレさせとけば、
絶対いけるハズーーーッ!
・・・。

あれっすわ。
モテ男が、初めて女の子に無視されて
「あれ?なんで、このオレが?」と
躍起になった挙げ句、ハマってく感じ?
甘かった。

とりあえず、こういうゲームは
ハマり出すと、寝る間を惜しみ
ぶっ続けでやってしまう可能性があるので
とりあえず、食事タイムの1時間に抑える。
嗚呼。
何度、震える指先で
プレステの起動ボタンを押しかけては
やめたことか・・・クッ!

すでに「ときめきメモリアルGirl's Side3」が出て
久しいという時期に来て
初回版にハマるという、
これまた私のいつものパターンです。
こういう恋愛シミュレーションゲームに
ずっぽりハマるってどうなの?と思ってる人には
申し訳ないんだけれども、
私にとって、それはそれは
楽園のような世界なんである。

ちょっと前、「ラブプラス」にハマって
現実を悪夢だとしか思えないっつー人の話を、
完全に他人事として聞いていた自分に問いたい。
小1時間ほど問いただしたい。
お前、何様だと。
自分の本質を忘れてんじゃねぇと。

中学の頃、ガンダムを観て
カイ・シデン様に完全にノックアウトされてしまい
(今でも古川登志夫の声を聴くと、キュンとなる病気)
リアルな男子って、この世にいるのかなー?
くらいの勢いで、全く何も見えてなかった、
髪の毛が変な色じゃないと反応しなかった、
・・・あの頃・・・。

こうなってしまったのには、
女子校だったから、という要因が
なきにしもあらずだけれども、
友人はちゃっかり彼氏を作ってたから
大阪周辺に、リアル男子が
存在しなかったワケではないと思う。

走馬灯のように、あの頃の想い出が蘇り
うっかり死んじゃうんじゃないかと思いつつ
2次元へ続く扉を探している今日この頃です。

と、ここまで書いて
さすがにヤバい感じだな、自分が。

でも、つ・づ・く☆
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]