忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんな日差しが強く暑い日には
福岡に住んでいた頃の事を思い出す。

親の都合で、小学校の4年生から終わりまでを
福岡の女子校に通っていたのだが
今考えても、色んな意味で良い学校だったと思う。

小高い丘の上にある校舎のベランダからは
有明海が一望でき
天気のよい冬の日には韓国の端っこが見えて
日本にいながらにして外国が見えるという
他愛のない事が面白かった。

学校へはスクールバスで通学していた。
たまに歩いて帰宅する事もあったけれど
自然が多いその道程は、
季節を感じる事ができて飽きる事が無かった。

ある土曜日の昼の事、
帰ったら何を食べようかなどと考えながら
スクールバスを降りると、
照り返しの強いアスファルト一面に
どこかの業者がごっそり落として行った
チラシが散乱していた。

私は、そのままスルーして帰ろうとしたものの
散らばったチラシの量が異常に多かったのと、
私よりも小さい男の子が1人、
ランドセルを道の脇に置いて懸命に拾っている姿を見て
そのまま知らぬふりも出来ず
結局、私もチラシを拾う事にした。

ある程度片付いた頃
チラシを拾っていた男の子が
「もう、このへんでよかっちゃろ。
あんたもお腹すいたやろうに、ありがとな」
と私に言った。

なんだ、小さいクセに
えらく仕切って来るなと思ったけれど
しっかりしたその口調に促され、
同意して帰る事にした。

その男の子とは帰り道が同じ方向で
途中まで喋りながら一緒に帰ったのだが
その時に「俺のこと、何年生やと思う」と聞かれたので
私は正直に「小学校3年生くらい…?」と言うと
彼は「あー、やっぱりな!」と少し悔しそうに答えた。

「俺、こう見えて6年生ばい」
私は自分より背の低い男の子が
自分よりひとつ年上だった事に驚くと同時に
申し訳ないと、平謝りした。

「気にせんでよかたい。いつもの事やけん」
と、白い歯を見せて笑う男の子に
私は「いや、まだ背は伸びるし。
これから伸びるよ、ぐんぐん」などと
励ましになってるのか分からない事を
もごもご言った。

健太郎と名乗るその男の子は
サッカーと学級委員をやっている
爽やか少年だった。
今にして思えば、言葉の端々に男気の見える
利発な子だったと思う。

正直、同年代の男子との接触は
ほぼ皆無に等しかった私にとって
「友達になろう」と手を差し出した
健太郎くんとの出会いは衝撃で
純粋に、とても嬉しかった。

残念ながら、結局その後
彼に会う事は無かった。
たまに、学校の帰り道に
彼の姿がないかと探す事もあったけれど
しばらくすると、その存在も忘れて行った。
程なくして私は大阪に戻ったし
あの場所へ行く事も、もうないだろう。
だから、この話に続きは無い。

それでも、たまに今日みたいに
アスファルトが眩しく光る日には
ほんの数分、私と一緒に並んで歩いた
背の低い影法師を思い出す。
PR


HPを作る仕事してるんで
当然、常にネットを使っているのですが
最近になって、ネット画面の上部に
「プラグインが古いので更新してください」
という表示が出ます。

うるっせー!
プラグインをダウンロードしたところで
「せっかくだけど、
このパソコンじゃ使えないなぁ。
お宅のパソコン、古すぎね?」
って言われる。

いや、そこまで言わないけど
そんな感じに取れる。
そんな感じに取れるってことは
実際言ってなくても
言ったのと同じ事だ。
ちっくしょー、馬鹿にしやがって!!

まぁ…ね、
キスケスリィ設立時に購入したパソコンですから
古いっちゃー古いんですけど
まだまだ現役っすよ、
若いもんにゃ負けませんよ。

そら、最近は動きが遅かったり
作業中に止まったり
急に落ちたりはしますけど。
…え、あれ?
あまりに自分と酷似していて
ちょっとコワイ。
長年にわたって
私の手となり頭脳となった挙げ句
リンクしたんかと思った。

最終的に、今キーボードを叩いている私が
パソコンに取り込まれて
パソコン内の私みたいなヤツが外に出て来て
入れ替わってしまうとか、
ちょっと怖い事を妄想したけど
たぶん、何も変わらんと思う。

むしろ、機械の方が優秀だから
そっちの方が良いのかもね、社会的には。

あ、でもパソコンは水に弱いので
雨女の私に似たのであれば
外に出られないじゃん。
ふははは!馬ー鹿ーめー!!

って、私が馬鹿だー!
仕事で外に出なきゃいかんのに
今にも雨が降りそうだ。
ま、私ごときがズブ濡れになろうと
別にどうでも良いんですけどね。

今日はちょっと後ろ向きなわたくし。
きっと台風だとか低気圧だとか
そういうものが悪いんですよ。

もうじき梅雨です。
今のうちから体調整えておかないと。
それから、骨が折れてしまった傘も
修理に出さんとな。
20年以上使ってる傘。
自分含めて色んな物が古くなっていく。
でも、まだまだ使わせてもらうから。
シクヨロー。

あ、トップの画像は
癒し効果あるかなーと思って
アップしてみたけど
近年の私にとってリアルな筋肉美は
少し刺激が強すぎるようです。

あれかな、昔は脂の乗った肉に
うぉーつって飛びついてたけど
最近はちょっと良い肉食べたら
すぐお腹こわすみたいな
そんな感じですかね。ショボーン(´・ω・`)
先日「日食?興味ねえぜ!」と
ワイルドに決めてたわたくしですが
事務所で仕事しながら
「あと○時間、あと○分」と
もう寝ずの番でして。

普段は、一回で起きた試しのない
寝坊助のさよ子(木版画家・顔がむくみがち)ですら
すんごい勢いで起きて来ましたからね。
「さよ子が起きた!」(クララが立った!な感じで)
つって、うちの事務所は大騒ぎしたとかしないとか。

追い込みで仕事しているミワンコフと
興味なさげなボスを事務所において
私とさよ子で外に出ると、
すでに辺りは薄暗くなって来ていました。

曇ってたお陰で(ほんとは良くないんだろうけど)
太陽を肉眼で観る事が出来てラッキーでした。
チョー輪っかでした。
ガンダム始まんのかなーってくらい。
(分かる人だけ分かってもらえればいいさ)

近所のおばあさんが、
孫にもらったっぽいフィルターを両手で大事そうに持って
懸命に空を仰いでいた姿がかわいくて、
雲で太陽が見えない間は、そのおばあさん見てました。

普段、長時間空を眺める事なんてしないので
たまには流れる雲を眺めてぼんやりするのも
良いもんだなーと思いました。

こないだ仕事で知り合った
フランス人のセバスチャンが
「朝は30分くらい、コーヒーを飲みながら
外の景色を眺めたりしてまったりする」
と言ってたのを思い出します。

イイネ!ゆとりのある生活!!
と、うらやましがらずに
そう出来るように挑戦してみようと思います。
まずは「時間ギリギリまで寝ない」から。

小さな事からコツコツと!



ちなみに、↑この画像は
日食を観に集まった近所の人達という
どうでもいいものです。
みんな日食の画像をアップしてるけど
うちの携帯では雲しか写らなかったので
悔し紛れにアップしてみました。
昨日テレビで『シャーロック・ホームズ』
やってたので、浮かれて観てたんですけど
最近の吹き替えって、なんか声優ブームを意識してか
人気の声優さんを使いたいあまりに
絵と合ってない人を選びがちな気がする。

ホームズの声をあてたのは
私とミワンコフの中で
「一緒に飲みたいおじさまNo.1」の
大塚芳忠さまだったのですが
…正直、合ってないと思うんですけど。

絵と声が合ってない事が気になるのか
芳忠さんの声が好きすぎて気になるのか分からない
変な精神状態で観てました。
(結局、興奮してたんじゃないのか)

ワトソンは堀内賢雄さんで
これはまぁ合ってるかなぁと。
小山力也さんもいたなー、悪役で。

と、まぁ、まんまと
テレビ局の姑息な戦略にがっつり乗せられてますが
これに関しては、一向に構わない。
あえて言おう。
わたくしの耳が潤うのであれば、何だって構わない!と。

そもそも、ロバート・ダウニーJr.が
シャーロック・ホームズ役という時点で
イギリスの香りが消し飛んでるんで
ホームズの映画というよりは
『アクション探偵ロバートとその相棒』と
勝手に銘打って観てました。

面白かったっすよ。
新作も観たい。テレビで。
しかも吹き替えで。

ちなみに、ロバート・ダウニーJr.のハマリ役は
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』中の
テレビ・リポーターじゃなかったかと。
あの気持ちの悪い緊張感は
彼だから出せたものだと思います。
(彼の最期のシーンがとても印象的で忘れられん)

で、結局なにが言いたかったかってぇと
久々に映画観て、面白かったなー。
という事です。
とてもデリケートな話である。

震災から、早くも1年になろうとしている。

丁度その日、私は
テレビ関係の仕事場にいて
生放送の追い込みに冷や汗をかいていました。

冷や汗の最中、大きな揺れを感じたものの
それどころではなかったので
とりあえず作業は続行。

その数分後、その日の番組は中止だと決まる。

それからは、テレビで流れる壮絶な映像を
延々と見つめていました。
これが、本当の事なのか悪夢なのか
まさに今現在、起こっていることなのか
それすらも曖昧になる時もありましたが
ただ口に手を当てて見つめていました。
胃がでんぐり返って吐きそうになりながらも
この現状を見つめ続ける事が
今、自分に出来る事だとでもいうように。

あれから度々テレビでは
色んな角度から、あの日を考える
特集が組まれています。

あの津波と震災に対して思う事は、
人間の数だけあるはず。
私、個人的なところで言うと
テレビで震災の特集を観るのは辛い。
また胃がでんぐり返る。
それでも観続ける事に意味があるのか
分かりませんが、
知らないよりは良いと思うのです。

阪神淡路大震災を体験し
家族が怪我をしたり、家が全壊したボスが
東北の震災が起きてから
昼夜問わず情報を流したり
その後も色々と働きかけているところを見れば
辛いからと目を閉じるよりも
少しでも見聞きする事は大事なのではないかと
思ったりするわけです。


明日、明後日の土・日曜日は梅田スカイビルにて
「震災復興応援イベント
3.11 from KANSAI 〜まだまだ、これから〜」
と題した大規模なチャリティーイベントがあります。

そこで、ウーニーポンポンカウカウの稲葉さんによる
『想いをつなげよう!PUZZLE PROJECT』 
というワークショップもやっています。
是非参加してみてください。
ここで作った作品を展示してくれますよ。

『想いをつなげよう!PUZZLE PROJECT』 
★3月10日(土)〜25日(日)10:00〜22:00 /梅田スカイビル
詳しくはこちら↓
http://www.311-kansai.com/puzzle.html


このイベントが終わって夕方から、
毎月恒例の『B*A*R*T』もやります。
今回のライブペインティングは3人!

★3月11日(日)19:00〜24:00/展示、ライブペインティング、DJ
『B*A*R*T』 大阪/ウーニーポンポンカウカウ 参加は1Dから。
☆『B*A*R*T』 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5107625
〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町13番5号 TEL 06-6313-2644
ウーニーポンポンカウカウ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1857842
《内容》
今月のバートは3.11です。今回は東北支援チャリティーイベントでは
ありません。あの震災への想いや恐怖などを表現したいアーティストの
為の追悼ライブイベントです。キャンドルナイトとライブペインティング
をします。ウニポンのアートスペースでは稲葉高志による鏡の破片の
インスタレーション作品を展示、バー内ではキャンドルを灯して追悼し、
店内と店外で平野早依子、史群アル仙、TOMOE・U・、菩須彦がライブ
ペインティングをします。描くスペースがあれば飛び入りライブペイン
ティングも可能です。パフォーマンスも受け付けております。お時間
ある方は、一緒に追悼しましょう。



自然の起こす恐ろしい現象に対して
人間は非力です。
それでも、何度倒されたとしても
お互いを助け合い、立ち上がる事が出来るのが
人間だと思っています。
被災地の、1日も早い復興をお祈りしています。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]