忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャッキー・チェン様が仕事場に
差し入れを持って現れました。
私はニヤニヤしながら
なんだ、来たの?
なんつって、一緒に帰ることに。

2人で夕方の道を歩きながら
途中、道ばたに座り込んでる
若者と一緒に辛い鍋をつついたり
(ジャッキー「辛い」って舌を扇いでた)
道に迷ったりしながら
ずっと笑顔のジャッキーと一緒に
色んな事を喋りながら帰るのでした。

そんな夢を見て、朝からポワ~ンですよ。
ごっつい機嫌いいっすよ。
幸せを噛み締めて、電車から見える景色も
なんだか暖かく感じましたよ。

おい、普段どんだけ
トゲトゲした生活してんだ?自分。

ボスから等身大ジャッキーの
立て看板をもらって狂喜するわたくしですから
たまにこんな夢を見ると
幸せ気分で、満たされる〜。

こんな夢を見たのは
朝の番組でジャッキーの
ロングインタビューを見つつ
途中で寝てしまったという…。
ジャッキーの声が優しすぎてさぁ。
危うく遅刻するとこだったよ〜アハハ〜。

10年前、ジャッキーの夢を見た時は
かなりのアクション超大作で
目の前で壁が爆発したり
吹っ飛ばされたりしてましたので
今回の夢は、かなりのどかで
物足りないかと思ったんですけど
いやいや、良い感じでしたよ。
こうね、じわっとくる幸せ感てぇの?
温泉につかった時に出る
「はあ〜〜」な感じ。あれですわ。

夢でそんな体験して満足できるって
もしかして、私、
未来を先取りしてんじゃないの?
バーチャル体験!
キアヌリーブスがよく出てる類いのSF映画的な!

と、まぁたぶん
脳が後退してるんだと思いますけど、
ご満悦なんで、そっとしといてやってくだせぃ。
この幸せ、3日持たせるぜ!

あー、ジャッキーの夢を見た原因は
もひとつあって
明日、NOONで開催される
『METAL NIGHT -HALLOWEEN SPECIAL-』
で仮装するか迷ってて、
最近よく着てる中国服の事を
ちらっと思い出していたのも原因のひとつかと。
(ジャッキーが「酔拳」で着てる青い服)

メタルが好きな人も、そうでもない人も
HALLOWEEN SPECIALなんで
遊びに来はったら良いと思います!
ボスのライブペインティングもありますよ!


★10月30日(日)17:00〜23:30
『METAL NIGHT -HALLOWEEN SPECIAL-』 大阪/Club NOON
大阪市北区中崎西3-3-8JR京都線高架下3-3-8 TEL06-6373-4919
http://mixi.jp/view_community.pl?id=326025
ADM/1500yen(w1drink) ※フライヤー、カード提示で500YEN引き。
女性の御客様は2DRINK付になります。

DJ: TOYOMETAL / NISHINO / USU  VJ: ヨシカワショウゴ
イエガーガール: RIE / CARRY / MINT / YUMI
CD SHOP: O-LEVEL  T-SHIRT: SHOP MAMO
DOKURO ACCESSORIES: SAORI  FOOD: 是弥
DRAG QUEEN: RAFFLESIA  SPECIAL MAKEUP: AGEHA
SPECIAL GUEST: BOSSHIKO (kiske3)



夢でこんだけ満たされてる自分って
どうなんだろうかと思ったりもするんですが
たぶん、死ぬまでこんな感じでいくのだと
改めて自分のデータを上書きいたしました。
リア充とかどうでもいいわー(断片化)

ちなみに、将来の夢は
自由に操る事ができる夢を見る事デス!
(ほぼ出来るんだけど)
PR
昨日、初日を迎えた舞台
『DRAWING-我々ハ 空間ヲ 描クモノ ナリ-』

ボスも出演しております。
ふすま10枚分のライブペインティング
そして…。
それは観てのお楽しみにしておきましょう。

昨日、お越し下さった皆様
ありがとうございました!
「また観たい!」
と言ってもらえたときは
自分が出てるワケでもないのに
なんだかとても嬉しくなってしまいました。

ダンス・パフォーマンスの枠にとらわれず
色んな表現で
観る人を笑わせたり、魅了したり。

とてもステキな舞台です。
日曜日までやってます。
チケット、まだあるんじゃないかな。
(昨日は満員御礼でしたよ)
是非ご覧になって!
損はしませんよ。

9月20日(火)〜25日(日) 
ISSHINJI THEATER KURA DANCE SELLECTION 2011
N-TranceFish 14th Exhibition『DRAWING-我々ハ 空間ヲ 描クモノ ナリ-』
大阪/天王寺 一心寺シアター倶楽
大阪市天王寺区逢阪2-6-13 TEL:06-6774-4002 FAX:06-6774-400
http://www.officeb1.net/kura/home.htm

DRAWING 〜描く〜  色彩、彩りをテーマに作品を紡ぐ
意味の通り 物事のありさまを写し出し 表現し 物語のありさまを
思い浮かべ 描写する 空間をさまざまな色彩で「描く」 


スタッフ:
舞台監督:武吉浩二(CQ)  照明:西崎浩造(キザシ)
音響:三宅住絵  撮影・デザイン:堀川高志(kutowans studio)
プロデューサー:猪瀬典子(PAC West Inc,)
題字・ライブペインター:菩須彦


出演:
柿谷結衣 岡崎愛 GANCHAN 三好祐子 上山美津穂 大西千保
大江基子 松下実那子 飯谷愛菜 鳥居菜津美 松川奈央
和田雄太郎(ムーンビームマシン) 橘耕作 神田直子(なおぐみ)
三林かおる(Ballet Studio Selpie) 片岡百萬両(ミジンコターボ)
大澤真也 生田朗子 ヤザキタケシ(アローダンスコミュニケーション)

尾沢奈津子 菩須彦


協賛:STUDI0-AX
協力:SHB東洋医学総合センター  劇団Gock-Luck
ミジンコターボ  劇団ひまわり  森下美樹  seki-DO!!


日程:
2011年9月20日(火)21日(水)仕込み
22日(木)19時 DVD撮影
23日(金)15時 DVD撮影
24日(土)14時、18時
25日(日)15時 *全5ステージ


チケット:
前売3500円/当日4000円
24日(土)18時のみ 前売3000円/当日3500円
(全席自由 3歳未満入場不可)

◆チケットぴあ 0570ー02ー9999(Pコード:413-830)
◆一心寺シアター倶楽(当日精算予約) 06−6774−4002
theaterkura-since2002@officeb1.net 
◆N-Trance Fish WEB http://n-trance-fish.web.infoseek.co.jp/
◆N-Trance Fish BLOG http://ntra.exblog.jp/
今日は仕事が長引いて
遅くなったなーなんて思いつつ
アニソン聴きながら自転車をこぎこぎ帰宅。

道路を渡ろうと、車が過ぎるの待ってると
なんか20代くらいの女の子が
満面の笑顔を浮かべながら
こっちにやって来る。

おいおい、また迷子かよ。
と思ったけど、彼女の手には
小冊子っぽいものがある。
えー、宗教の勧誘?こんなとこでー?
と一瞬ひるんだけれど
どうも様子が違う。

仕方ないのでイヤホンをはずすと
英語で喋ってるよー。
てっきり日本人だと思ったのに。

彼女が持っていた小冊子には
ハングル文字が並んでいたので
韓国の人だと分かったのですが
何が書かれてるのか全く分からない。
ただ、どこに行きたいのかは分かった。

うどん屋でした。

えー、ツウだな、あんた。
と思いながら唯一日本語で書かれた
店の名前を見る。
聞き覚えのあるうどん屋だった。
確か、この近く…だった…ハズ。

とりあえず携帯でその店を検索するも
場所などが明記されたサイトに
なかなかヒットしなかったので
諦めてもらうか…と思ったけれど
仕事後のハイテンションのせいで
自分が諦めきれず。

で、もう一度小冊子を見ると
店の電話番号らしきものがあったので
そこにかけてみる。

店はまだやってるけれど、
うどん玉がもうすぐなくなりそうです!
という店員さんの言葉に
私は自分が食べるわけでもないのに
女の子をひっつれて店に急ぎました。

店に行きすがら喋ってみると
どうやらその女の子は
一人で大阪に遊びに来ていたようです。
あー、どの国の女の子も
美味しい物に対してアクティブだなぁと
微笑ましかったですよ。

結構人気のあるうどん屋なので
店に到着すると、何人かお客さんが並んでいる。
韓国の人って、並んだりするの平気なのかな、
と思ったけれど
それを英語で質問するのが面倒だったので
んじゃな〜、つって別れました。

旅行をすると困る事が多々あります。
そういう時に、助けてくれる人がいるってのは
もの凄く有り難いものです。
私もたくさん助けてもらったし
今も道に迷いがちな私を誰かが助けてくれる。
なので、たまには自分も誰かを助けんとな。

それにしても、自分の英語
ひどかったなー。
2割英語で8割大阪弁。
っつーか、ほぼ大阪弁。
でも通じるもんっすよ。
気持ち!気持ちが大事なの!!
(よし、押し切った)
アカンアカン。
ちょっと英語勉強しなおそう…
と心に誓った満月の夜。
私の携帯、昔からある
普通の2つ折りのやつなんですけど
買って1週間も経たないうちに
ジーンズの尻ポケットに入れてたら
私のケツ圧で
思いっきり外側部分が
液晶割れしちゃって
なんだかそれも模様みたいで
ちょっとオリジナル感が出てたので
面白がって使ってたんすよ。

最近、内側の肝心なところが
液晶漏れし初めてます。

あれ?なんか付いてる…
と思ってキュッと拭いたら
なんか画面がにゅーんとなったので
あ、これ液晶の問題だわ
と気付いたものの
これをどうするか考えている次第で。

スマートフォンに替える
いい機会かも知れない、と思ったけど
別に「いい」ことはない。
スマートフォンに対する興味が
全くない。
いや、変えたくない。
むしろ逆行したい。

こうやって時代を逆行し続ければ
ぐるっと1周回って
最先端になる時が来るかも知れないじゃなーい。
うそです。
来ないよね。
分かってる。
ぐるっと回って同じ所に来たと思っても
階層が違うから。
1段下にいるから。

「スマホなんて、時代にのせられてる気がする」
とかいう、頑固おやじ的な事でもないんすわ。
時代っつっても、もうスマホが出てから
かなりの時間が経ってるわけで。

単に自分にとって
従来の携帯電話がベストだ
というだけの事です。

スマホがあれば、生活も便利になるとか。
ホントにー?
もうリア充とかどうでもいい。
意味もよく分かんないし。
むしろリア以外のところが
充実すれば良いのになーと思う始末。
人としての部分からも
かけ離れた所に行こうとしております。

とか言って、修理に出しに行った時に
うっかり店員さんにのせられて
次の日記に
「スマホが使いにくいったら(ニヤニヤ)」
みたいな事を書いてる
なんて可能性は
なきにしもあらずです。
常に自分に裏切られ続けて
40年以上経ってますんで。
侮れないっす、自分。

とにかく、待ち受けにしてる
超格好良いオッキー(置鮎龍太郎様☆)
の画像が見られなくなったら
瀕死に値するので
早々に修理に出すべき!

でも、もし待ち受け画像が
デカくて解像度も高ければ
もしかしたらスマ…
いやいや、なんでもない。
スマップ20周年おめでとう
って言いたかっただけだからね!
それだけだからね!
(で、どっちなんだよ!)
ハリケーンに見舞われたN.Y.。
ボス達がN.Y.入りする直前の事だったので
ご心配をおかけした方々も
いらっしゃるのではないかと思いますが
数日おくれて、9月3日には
N.Y.入りすることが出来るようです。
ハラハラさせやがるぜ。
(現地の人間が一番ハラハラしてると思うけど)

いやー、ハリケーンこわいわー。
絶対、出会いたくない。
一日中怒鳴ってるオバチャンに出会いたくない、
という気持ちと同レベルで。

くれぐれも気を付けないと。
オバチャンも自然も、こっちの言い分とか
聞いてくれませんから。

たかだか嵐だ、とか
台風のデカいやつでしょ?とか
もう今の時代にそんな
すっとぼけた事を言ってると
うっかり死んでしまいそうなので
御安全に!をモットーに
生きて行きたい。
英語で言うなら、こんな感じである。

It never does too much even if it is too careful.
『注意しても、しすぎるという事はない。』
(森田成一くんの声でお願いします)

なんか、英語でたくさんの言葉を
習ったはずなのに、覚えてることわざと言えば
「注意しても〜」と、
「覆水盆に帰らず」
It is no use crying over spilt milk.
『こぼれたミルクは皿に戻らない』
だけだという残念な結果に陥っております。

なんでだろ?
うっかり者のたぐいである
自分に対するいましめでしょうか?

後悔しないように強く生きるのは難しいけれど
せめて、こぼれたミルクを拭き取るくらいのことは
出来る人であろうと思う。

と思いつつ、また明日も早いのに
こんな時間に日記を書いてる時点で
すごく後悔しそうな気がするんですけど。

…ま、いっかー。
さてと。
明日も頑張りますかねー。
(さっきの決意表明はどした!?)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]