忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いま『2PM』にハマっている。

K-POPのアイドルグループです。
落語、アニメ、声優と来てK-POP、
次はどこへ行くのか、自分・・・。
どれも私の中でブームが去らず
好きなものが増えていくばかりで
幸せっちゃぁ、幸せなんすけどね。

で、数あるK-POPの中で
なんで『2PM』にハマったのか。
たぶん、PVが良かったんでしょうな。

いやいや、他にも良いK-POPアイドルグループが
いるかも知れないじゃん、
BIG-BANGとか、SHINeeとか、BEASTとか、
MBLAQ、PSY、U-Kiss、ZEA・・・。

と、思ったんですが
PVを観る限り『2PM』が一番好きだった。
振り付けが、ちょっと変です。
体育の時にやった創作ダンスな感じ。
だけど、目が離せない。
テイクオーフ♪の所が一番お気に入りです。
↓↓↓

2PM/Take Off


6人(以前は7人だった)という大人数を
上手く見せていて、頭良い人が考えた
振り付けになってると思うワケですよ、素人目に。
それに、すごくダンス上手いんだと思う。
(こんだけ書いて違ってたらウケる)
これは、動きがCGっぽくて好き。
↓↓↓

2PM/I'll be back

ただ、韓国アイドルの人達の髪型と
メイクの濃さは、未だ慣れませんけど。
でも、あれだけ動きながら
クチパクなしで歌うのには驚きです。
キムチパワーかな?

てなワケで、6月のキスケバーは
アイドルを語る『ガンチャンのアイドルバー』です。

『Bar kiske3』
6月3日(金)19:00〜3:00
Charge¥400(つきだし付き)
大阪/Bar CREEK 
大阪府大阪市北区神山町8-14日宝阪急レジャービル2F TEL06-6361-2414
コミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=3335287

《内容》
今回のキスケバーは19時から開始します。アナタがお好きなアイドル、アナタを
夢中にさせたアイドルは誰ですか? 開店から終電までのガンチャンバーは
『ガンチャンのアイドルバー』です。コンセプトの詳細が決まり次第、また
編集させて頂きます。キスケバーでアイドルといえば、中崎ピンクレディです。
中崎ピンクレディwithちあ紀 vs 踊り部(ガンチャン、ちか、さよこ)がある
かもしれません。ってか、ザ・ベストテンをやれば良いんだ。今回はアイドル
ソングで楽しく歌い踊れそうです。アイドルになりきれる方、募集しています。
かといって、「俺のアイドルはアイアンメイデンのスティーブハリスだ!」と
言われると、趣旨が少し変わるので、いわゆるアイドル枠でお願い致します。


しめりカールの季節がやってまいりました!!
また、ひと口かじった瞬間に「グフ」って言う
お客さんの姿が見られると思うと
今から楽しみでなりませんわー。
PR
アカン。
疲れてる。
四六時中、小四くらいの子供を
背中におぶっている感じがする。
あれ?
おぶってんの?
そんな大きな子、生んだ覚えないんですけど。

この背中にのしかかる重さ、
昔、知人の家で飲んでる時に
見えない何かに
背中を占領された感じに似てる。

あの時は、座ってる事すら
ままならんかった。
失礼かと思って、必死に我慢したけど
後で家主に聞いたら
「おう、オレんち、2人おるで。霊」って。
おいー!
「オレんち、猫2匹飼ってるぜ」
くらいの軽さで言うなーー!!

そんくらいのヘビーなダルさです。
霊じゃない事を切に願いたい。

と、願っててもしょうがないので
お灸してみた。



最初はライト級で。
色んなツボに置いてみた。

「あっつ!」
と思うのは15秒ほどで
後はじんわりと熱が来る感じ。
お灸を取った後も
しばらく、ふんわりとした
ぬくもりが残っていて
なんだか気持ち良い。

カッピングほどの
劇的な効果は現れませんでしたが
ちょっと続けてみようかと思います。

体調が悪くなる時期ですので
皆様もお体には気を付けて。
私が久々に実家に帰ると
なんだかいつもより賑やかな様子。
親戚が集まると、とんでもなく
賑やかになるのだけれど
他にも誰かいるようだ。

「おー、遅かったやんか」
「え?どうしたの!?」
私は面食らった。
姫条くんが私の実家にいる。
「へへ。ひと足先に、来てもーた」
いたずらっぽく笑う姫条くん。

「あんた、こんな人がいるのに
なんで早く紹介しないのよ」
と口を尖らせながらも、母や叔母達は
姫条くんの人当たりの良さと
屈託のない明るさに
すっかり気を許している。
私は何だか乗り遅れた感じで
おずおずと姫条くんの隣に腰掛けた。

「いや、ちゃんと紹介しようとは
思ってたんだけど・・・」
私は、いとこ達の好奇の目に
少々辟易しながらも、ボソボソと言った。
私の隣で、相変わらず姫条くんは
ニコニコしながら、みんなと喋っている。

家族に自分の彼氏を紹介するというのは
どうにも居心地の悪いものだ。
母や叔母達の、男性に対する目は厳しい。
あの人は暗いからダメだ、だの
頼りない感じがするからダメだ、だの
何の審判かと思うくらい
細部に渡ってチェックする。
(それは、私を心配しての事だけれど)
しかし姫条くんは、やすやすと
彼女達から高評価を得ているようだ。

叔母達に、根掘り葉掘り
聞かれるのかと思ったが
私の事なんか忘れたかのように
みんな、すっかり姫条くんとの会話に
夢中になっていた。

私は、安心するのと同時に
なんだか落ち着かなくて
そっとテーブルから離れ、
祖母の仏壇にある線香に火をつけた。

祖母が亡くなって、1年と少し。
もっと早く彼をここに連れて来ていたら
祖母は心から喜んでくれただろう。
なにせ、他界する直前まで
私の心配をしていた人なのだから。

仏壇の前で手を合わせながら
そんな事を考えていると
背後から声がした。

「オレもお参りさせて。
お前の好きやった、おばぁちゃんなんやろ?」
私は姫条くんの優しさに
笑顔を取り戻し、席を譲った。
この人に会えて、本当に良かった。
おばぁちゃん、私、この人と結婚します。


という夢を見ました。


もう、私の夢オチの話しに
ダマされる人はいないと思います。
っつーか、だますつもりは無い!
むしろ私の中ではホントの話しなので
そこんとこ、宜しくお願いします。

10年に1回くらい、こういう夢を見る。
以前はSMAPの稲垣吾郎ちゃんでした。
高級ホテルの最上階のラウンジで
2人でお酒を飲んでたら、
サプライズの花火があがって
それと同時に
「これ」と言って、
吾郎ちゃんが指輪を差し出すっつー
映画館で流れるCMみたいなベタな展開。
ただ、実際に自分がそのシーンの中に入ると
意外とイケる!
イケるよ、ママ!!
花火、きれいやった!きれいやったヨ!!

世の、結婚に憧れる女の子達は
こういう祭りイベント的なものを経て
結婚していくワケやな。
と、多大なる誤解をしたまま
今日に至るわたくし。
それでも、結婚に憧れる事はないという。
だって・・・ねぇ。

なんかもう、神様が
「こいつ、どうやったら結婚する気になりよんねん?
これか?こういうシチュエーションは、どや!
・・・アカンかー。フツーに喜んだだけやんけ!!」
みたいな、ちょっとゲーム感覚で
私に夢を見させているような気がしてならない。
すまんね、神様。
無理でした!

そもそも、姫条くんって
「ときメモ」に出て来る2次元キャラですから。

人選から間違ってますよー。
でもまぁ、充分ニマニマさせてもらいましたけどー。

しかし、何が怖いって
3次元の人達の中に2次元のキャラが混じってるのに
何の違和感も感じなかったという事でしょうか。
ま、いいや。
2次元の扉は、どこに行けば開くんですかねぇ?

あ、2次元と言えば
久々に「キノコタタキウリ」更新しました。
よろしかったら覗いてやってください。
次郎吉さん、喜びますんで。
http://d.hatena.ne.jp/kanorinne/

あと、銀魂ブログの方もチマチマ描いてます。
オタク炸裂してますけど、
良かったら覗いてやって下さい。
私が喜びますんで。
http://ameblo.jp/mayoshumai/

宜しくお願いします。
夜、あまりにムシムシして暑かったので
普段あまりアイスを食べない私ですが
辛抱たまらなくなってコンビニへ。

ボスとミワンコフのおつかいと一緒に
パピコをカゴにin!!
アイス1個を食べきるのは苦労するけれど
パピコならゆっくりちょっとずつ食べられるぜ!

さっそく事務所に戻ってパピコを
パキッという音と共に2つに裂く。
ウメー!



なに?これ!
昔のパピコって、もっと水っぽかったと思うんだけど。
なんかコーヒー水を凍らせましたみたいな
シャリシャリした感じだったと思うんだけど。
なんか濃厚でクリーミーな味になってるー!
美味しいじゃないかー!!

考えてみれば、どんなお菓子を食べて見ても
昔に比べて確実にレベル上がってる。
いまの子供が羨ましいよ。
私、駄菓子を食べて吐きそうになった事あるもん。
なんか、細くて長ーいストローみたいな容器の中に
砂糖に色をつけてどうにかしました、みたいな
妙な食べ物、あれは一体なんだったんだろう?

あと、お菓子ではないけれど
おやつ用の白い魚肉ソーセージ。
オマケ欲しさに開けてみたけど
どうやっても食えねえものってのは
存在するんですねぇ。
未だにあの不味さは忘れられません。
あれ、ほんとに魚肉だったんか?
魚肉的な何かだったんじゃないのか?

あと、アメリカ産のオートミールの缶詰。
初めて見る食べ物にもあまり臆さない私ですが
見た目も匂いも味も、まるっきり気持ち悪くて
「これはアメリカ人のゲ○だ!」と
訴えたにも関わらず、
無理矢理それを食べさせようとする母に
初めて反抗心を抱いた事を
昨日の様に思い出すのです。

大人になって、ちゃんとしたオートミールを食べたら
なんの事は無い、美味しいじゃないか。
あれかな?
料理下手な母が調理法間違えただけなんじゃ・・・?

何事も、最初は初心者。
それを責めるつもりはありませんが
せめて自分が食べて「イケる!」と思ってから
子供に食べさせろよ、と。
それを言うためだけに
タイムマシンに乗りたい気持ちでいっぱいです。

話しはそれましたが、
この3つが強烈に記憶に残ってるって事は
現代の食べ物は平均して
全般的に美味しいという事なんでしょうな。
幸せなことでございます。
土曜日は香里園でP.A.D Vol.8でした。
スタッフのみなさん、出演者のみなさん、
雨の中、お疲れさまでした!
みんなビショビショになりながらも
情熱的なパフォーマンス、ステキでした!
それから、足もとの悪い中
お越し下さった皆様にも、感謝です!!
皆様には、風邪などひかぬよう、
くれぐれも気を付けてくださいね。

個人的には、久々のお友達や
約30年ぶりに会うお友達にも会えて
なんだか嬉しい1日となりました。
差し入れまでいただいて、ありがたかったっす。
ほんと慌ただしくて、申し訳なかったねー。
また今度、ゆっくり会いましょう!

この日はテレビの取材なんかもあって
ニュースでP.A.D.の様子が流れたみたいですね。
黄色いカッパを着た、私の広い背中が映ってましたヨ。
ハハ…たくまし過ぎるやろ。
こんな背中があったら、寄りかかりたいわ。

っつーか、女性の憧れ(らしい)
「男の人に後ろから抱きしめられ」シチュエーションが
まさかのジャーマンスープレックスになってまう。
ガッツリ投げられる前に、華奢な背中になろうと
気持ちを新たに精進したいと思いました(そこか!?)

P.A.D.vol8@京阪香里園 ABCニュース


P.A.D.Vol.8 楽団YUMEHO、AMI、郷坪聖史


P.A.D.Vol.8 華〜puspa〜


P.A.D.Vol.8 風蓮堂(磯部友里)



「枚方つーしん」
ダンス、ライブペインティング、音楽などなど…香里園で行われた
「P.A.D. vol.8」フォト&動画レポート
http://www.hira2.jp/archives/50256575.html#comments


これからP.A.D.は、京阪電鉄さんからの依頼もあって
ますます出番が増えそうです。
色んなアーティストさんやパフォーマーの皆さんの作品を
たくさんの人に見てもらえる機会が増えることを
心より嬉しく思います。

まだ地震もおさまらず、誰もが不安に苛まれています。
アートやパフォーマンスで腹が膨れるかよ、
と思う人もいるかも知れませんが
少なくとも、心を満たす事は出来ると思うし
そうでなくても、重たい気持ちを
ちょっとでも軽くする事は出来ます。
ええ、出来ますともさ!
P.A.D.に出ていた人達、誰もが
とてもオープンマインドで
お客さんと楽しもうとしてくれていたのを見て
それを確信しました。
だからこそ、香里園に来てくれたお客さん方も
楽しんでくれていたのだと思うし。

ボスの「善い人」にしか出てもらいたくない
という意思が、こういうところでカタチになったのでしょう。
これからも、皆さんのお力を借りて
ますますステキなイベントになったら良いなと思います。

なーんて言っておきながら、まさかP.A.D.のあと
夜中のハイテンションで、gullやサヨコやミワンコフ相手に
ものすごアホな話しをしていたという事は
ナイショ☆である。
私の好感度が下がるので内容は割愛させていただきます。
好感度があれば、の話しですけどー。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]