忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地下鉄を出て地上に上がると
氷のように冷たい突風に
足下をふらつかせながら
私は夕方の道を自宅に向かって歩いていた。

その日は全国的に大寒波が来ていて
大阪にも雪が降り、
枯れた芝生をうっすらと
白くしていた。

丁度、去年の今頃
大雪が降っているのに
自転車で爆走し、
地面をスリップした時にぶつかった
あの人はどうしてるかしら。
寒い日になると、ふと思い出す。

「この、スットコドッコイ!」
怒鳴られたのに、なぜか顔がほころぶ。
「なんだよ、スットコドッコイって…」
ぼんやりしながら
信号が青に変わるのを待っていた時
横断歩道の向こう側から
こちらをじっと見ている男がいる事に気付いた。

お互いに、じっとにらみ合う。
パッと信号が青に変わった瞬間、
何かのスイッチが入ったかのように
2人がお互いを指差して
「あーっ!あの時の!」
横断歩道の真ん中で声を上げた。

「アンタ、スットコ…じゃなくて
自転車のお嬢さんだったか」
「え、ええ。スットコドッコイです。
どうも、お久しぶりです」
「そういや、あの時…」
「え?」
私が聞き返した時
横から来た車にクラクションを鳴らされた。
すでに信号は赤に変わっていた。

彼は自分が来た道、私が行こうとしていた方向に
横断歩道を渡ってもどると、私に向き直った。
「今日は自転車じゃないんだな」
「ええ、今朝、雪が降りそうだったので…。
さすがに学習しましたから。
雪の日は自転車に乗らないって。
それより、さっき何か言いかけてませんでした?」
「あ?ああ。アンタ、自転車で
俺にぶつかった時、財布落としたろう?」
「あっ!そう、そうでした!!」

会社に遅刻しそうだった私は
この男にぶつかった後、
完全にパニックになっていて
財布を落とした事にも気付かず
大急ぎでその場を去り、
お昼時に財布が無い事に気付いて
真っ青になった事を思い出した。

「交番に行ったら、届け出があって
事なきを得たんですが、もしかして…あなたが?」
「ああ、そうさ。
呼び止めようとしたのに
もの凄い勢いで走ってったからさ」
「わー、ほんとにすいませんでした!
って言うか、ありがとうございました!
届け出てくれた人にお礼が言いたかったんです。
あの時、給料日前で、あれが全財産だったもので…」
深々と頭を下げる私を見て
男はクスリと笑った。

「重てぇ財布だった」
「え?」
「女の子の財布って、もっとこう
フワフワしてるもんじゃねぇの?」
「あ、小銭で財布パンパンで…」

私の財布は、ヨレヨレの黒皮の長財布だった。
中にはカードやら領収書やら、色んなものが
ギッシリ詰まっている。
なんだか恥ずかしくなって、私は地面に視線を落とした。
確かに、ちょっとはキラッとした感じの
可愛い財布でも持っておけば良かった。

「ま、アンタらしくて良いんじゃないの?」
私の目の前にいる男は、また
突風で乱れた私の前髪を払った。
その瞬間、グラッと私の中の何かが揺れた。
鼓動が早まり、口の中がカラカラになる。
カッと熱くなった顔と、
目にかかった前髪と、
あと何か得体の知れないものを
振り払うように頭を振った。

---------------------

長ーーーーーい!!!
妄想、長ーーーい!!!
でも、まぁ楽しいから良っか。
またいつか思い出しては、
続きを妄想するんだろうと思いますけど
その時は「またか」と
薄目で見てくれても構わないんだぜ。


…つづく。
PR
人によって、それぞれなんですが
先日のキスケバーでは、
すっかりお馴染みとなったガンチャンの
新しい企画「いかにしてアーティスト・
パフォーマーが食っていくか?」
というシンポジウムが開催されました。

正直、ユルいキスケバーのことなので
ぬるっと進行されるのだろうと思っておりました。
スマンかった。
ユルくなかったです。
むしろ、熱かった。
若い人達が集い、熱く語り合う姿は
とても頼もしくて、
真剣に考えている彼らには
本当に夢をかなえてもらいたいと
切に願うのです。

今回、スピーチする為に
原稿や図まで書き上げて
頑張ったこがんちくん、
すごく分かりやすくて良かったです。

そして、豊富で波乱に満ちた
自分の体験を披露して
アドバイスする梶川能一さんの話しは
とても面白くて、見習いたい所が
たくさんありました。

そんなこんなで夜更けまで
熱くて真剣なディスカッションは続き
それぞれ色々と思う事を
噛み締めながら、帰って行ったのでした。

とても面白いイベントだったので
第2弾、第3弾とつながっていくでしょう。
今回、来られなかった方も
きっと何かの気付きや
何かのきっかけが見つかると思います。
是非いらっしゃいませ。


でもって、今月はイベントが多いのですが
とりあえずは近いところから

『第9回 門真手作り市 with P.A.D. あったかキラキラ☆はんどめいど』
http://kanorinne.blog.shinobi.jp/Entry/122/

恒例となった、門真中塚荘での
アート&ほのぼの市です。
手作りとは思えない
クオリティの高さと安さで
ステキな小物や雑貨が売られていますよ。

パフォーマンスを見た上に
お買い物も出来る!
おトク!!
ヤバい!!
来てね☆
朝、ちょっと調子ぶっこいて
ダラダラしてたら仕事に行く時間になってて
おっと、やばいやばい。
早く行かなきゃ!と玄関のドアを開け
外のあまりの白さに二度見した。
なっ!!雪!?
朝方、なんかサラサラ言ってんなーと思ったら、雪!?
大阪はなかなか降らなかったので
今日も降らないだろうとタカをくくってた。
ヤバいーっ!!
遅刻しちゃう!!

一瞬、傘に手をかけたけれど
時間がないので自転車にライドオン!!
大丈夫かな、滑らないよね?
と思いつつ、雪が溶けかけた道をギュンギュン走る。
大粒の雪が視界を塞ぐ。
睫毛に付いた雪を、顔を左右に振って落とす。
すると、突然目の前に
信号待ちをしている人が目に入る。
ダメ!!止まらない!!
雪でスリップした自転車が
信号待ちの人にぶつかった。

「きゃーー!!ご、ごめんなさいーっ!!」
「おいおい、どこ見てんだ?このスットコドッコイ!」
腰をさすりながら立ち上がる男の人に
平謝りに謝ると、その人はブツブツ言いながらも
倒れ込んだ私に手を差し出した。
「大丈夫か?」
「あ、はい。す、すいませんでした・・・」
すると、彼は私の自転車を立てながらクスッと笑った。
もっと怒鳴られると思っていた私が
肩すかしをくらってポカンとしていた顔が
おかしかったようだ。

「あ、あの・・・大丈夫ですか?腰、とか・・・」
おそるおそる私が訪ねると、
彼はちょっと渋い顔をしながら
「ああ。この腰は持病だよ。オッサンだからな」
「あ、はぁ」
「そこは否定しろよ」
ハハハと笑う彼につられて、私も笑った。

そうしている間にも、雪は止めどなく降り続いている。
彼は、私の前髪に積もった雪をそっと払うと
「あんたこそ、大丈夫なのか?」
その声は優しく、私は一瞬ぼんやりしたものの
はっと我に返ると、腕時計に目をやった。
「ヤバ!遅刻だ!!」
颯爽と自転車にまたがると、
「ほんと、すいませんでした。あの・・・持病、お大事に」
「あんたも気を付けて。あんま飛ばすなよ」
私はぺこりと頭を下げると力強くペダルを踏んだ。

そして私は、お昼になるまで
転んだ時に財布を落としていた事に気が付いていなかった。



なんてことがあればいーなー。
私の妄想癖が火を噴いただけですけど、なにか?
そもそも、普段からスットコドッコイとか言う人は
落語家さんか、銀魂に出て来る阿伏兎くらいだと思う。

だいたい「きゃー」とか言ったことない。
「ぅおー」って言う。
あーあ。とうとう、きゃーとか言う
可愛い女子にはなれなかったな。

それに、初対面の他人に前髪触られるような
鈍い私ではない。
こう来たら、こう払って・・・
という自衛シミュレーションを欠かさない私なので
私の顔近くに手をやったら腕を折られると思って欲しい。

ちょっと乙女ゲーとかやりたいんだけど
なかなか出来ないので、それ風の展開を妄想してみた
という次第でございます。

あ、いけね。
妄想とかしてる場合じゃなかった。
そろそろキスケバーに行く準備しなきゃ。
もう人にぶつからないようにしないとネ☆綺羅星☆(・ω<)ゝ
(すでに夢と現の境目が分からなくなっているようです)

寒い休日となりましたが、
よろしければ遊びに来てください。
凍えたハートも溶ける!カモヨ☆



↑↑↑↑↑↑
というのが、去年の今頃。
大阪にも大雪が降って、結構積もった日の
日記でした。
アホですわ。
1年たってんのに、何も変わっちゃいねぇ。

☆綺羅星☆(・ω<)ゝ
↑このあたりが
去年だなぁと思うくらいで
むしろ、昨日の事のように思える。

てなワケで、続く!!
ここに引っ越して来た頃は
「この広い部屋も、いつかは
物であふれるんだろうな」などと
非現実的にしか感じていなかったのですが
あっという間でしたわ。
あらゆる場所に本や雑誌が…。
なにこれ、誰かウチに転送した!?

よくもまぁ、コツコツと溜めたもんだと。
もし、自宅に監禁されても全く退屈しない。
むしろ、されたい。

しかし、置きっぱなしにしていても
全く意味がない。
掃除した時に「あれ?こんな本、持ってたんだ」
って言うのが関の山。

捨てろ、捨てろ!捨てっちまえ!!
とは思うのですが、なかなか
本を捨てられない私であります。
が、ただ一冊だけ
叩き捨てた本があったっけ。

20年ほど前。
当時、トレンディ作家と呼ばれ
名前を聞かない日はないという程の
売れっ子作家さんがおりました。

普段はホラーか推理小説しか読まない私が、
生活に疲れていたのでしょうか。
現実から逃避したいという願望から
その売れっ子作家の旅行記を買い
家に帰ると、ご飯も食べずに本を読み始めました。

「俺のバイクが雨の京都で速度を落とした。
俺はひとり、マルボロに火をつけ
石畳を通り過ぎる人影を眺めていた」
的な文章が延々と続く…。

あれ?これってギャグ本?
本気で書いてこんなアホみたいな文章なの?

とはいえ、爆発的に売れた本なので
私の受け取り方が間違ってるのかなーとか
ここからすごい劇的な感動があるのかも、と
我慢して最後まで読みました。

苦行としか思えない数時間をすごし
何故こんなにも内容の無いものが
もてはやされているのか、
日本沈没しろ!と怒りに震え
そして、待ち望んだ最後のページを
読み終えた刹那、
私がその本をゴミ箱に叩き捨てた時
苦痛に耐え抜いた達成感と、
本を捨てるという背徳感に
えも言われぬ快感を覚え
新しい本の読み方を知ったのでした。

ウソ。
そんな本の読み方、あるかい!
ただ、トレンディと呼ばれるものは
自分と相性が悪いと分かったので
良い勉強になりました…ってことにしておく。

いや、でも、ある意味
20年以上前に読んだその本を
ずっと忘れずにいるって事は
それだけインパクトあったって事で、
もしかしたら、すごい作品なのかも知れない。
当時、映画でいうところの
ラズベリー賞的なものが
文学界にもあったら良かったのにね。
最近、結構、酔っぱらう。

絶好調のころは
酔拳のジャッキー顔負けに
飲めば飲む程強くなり、
眠くなるどころか目がさえて
朝までひっきりなしに飲み続け
そのまま仕事に行って
帰ってまた友人宅で飲む。
てな事をやってました。

…が、最近は酔うようになりました。
テンション、ダダ上がり。
おもろいー。
「酔うために飲む」という意味が
全く理解できなかったのですが
最近になって、こういう事なのかと
分かるようになりました。

ただ、飲んでる時に知り合った人と
シラフの時に会うと
「あれ?なんでテンション低いの?」
と言われるのですが
テンション低いのが、本来のわたくし。
暗い性格。
独りでいる時は鬱々としているんですよ。
人は何故生まれてどこへ行くのか、とか
自分の存在する意味はあるのか…
とか考えてる。

でも、身近な人からは
キミはラテン系だ、と言われているので
実は鬱々としていながらも
頭の端ではサンバとか踊ってるのかも知れない。
普段は隅っこに追いやられている
サンバダンサーですが
私が酔うとズァッと前に出て来て
踊り倒すわけですわ。
そら気持ち良いわな。
精神の解放。
それがお酒なんですねー。
いいもんだな、お酒って(今更!)

明日はキスケバーの日です。
飲むどー!

★1月13日(金)19:00〜3:00 /バー Charge¥400(つきだし付き)
『Bar kiske3』 大阪/Bar CREEK 
大阪府大阪市北区神山町8-14日宝阪急レジャービル2F TEL06-6361-2414
コミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=3335287
《内容》
新春一発めのイベントです。一発目だからといって気合いは入れないキスケ
バーで御座います。前半は今後のパッドの話が出来たらと思っております。
今回はDJ SAYOKONGのSPEEDや嵐などのあの辺の熱い選曲をお楽しみ下さい。
今回は13日の金曜日。隙を見計らっては怖い話をしたいと思います。そして、
14日の土曜日はHM/HR 『PAINKILLER』です。とにかく適当で楽しみます。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]