忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 70 |  69 |  68 |  67 |  66 |  64 |  63 |  62 |  60 |  59 |  58 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デマ、デマでないもの、色んな情報が飛び交ってます。
それをチョイスするのは私達なんですが
この緊急非常事態ですから、
ズレる事があるのは仕方のないことかと。
そして、それはこれからの私達に向けられた
課題だと思っています。

でも、ただ人の非難ばかりで腕組みしてるだけの人よりは
何かをしようとする気持ちが大切なんじゃないかと。
(方向性を間違っちゃいかんけれども)

そして、その気持ちは
被災した人達に、少しでも励ましになればいい。
希望を失ったとき、人の心は死ぬ。
たくさんのものを失い、
それでも生きて行かなければならない人達に
ほんの一筋でも光がさせばいいと思う次第です。

↑こういう事いうと、
きれいごとに聞こえるかもしれないけれど
昔、被災した時に
これがもし孤立した状態だったら・・・
誰も心配してくれていない状態だったら
どれだけ怖くて哀しくて不安だったろうと思ったもので。

幸いなことに、当時、私は独りではなかったし
友人は被災地へ食糧と水をバイクで運んでたし
(↑彼のバイクに乗る腕は
かなりなものだったので止めませんでした)
絶望する事もなく、健やかに
屋根から落ちた瓦を手押し車で運び
存分に腰をグキっといわせられたものです。

それと、節電に関しては
丁度うちの実家の電気代が高くて困る
みたいな話を妹から聞いて
「てめーら、王侯貴族か!
貧乏人のクセに、なにを薄着で
暖房ガンガンつけてんの?
北海道の人かー!
冬は厚着ーー!」
と怒ったばかりだったので
節電万歳体勢に入っており
日記にも書いたわけですが・・・。

でも、もしかして
「本当に節電しないといけない」
という状態だったら、
アホみたいに電気使ってる場合じゃないだろうと。
常日頃から「かも知れない運転」しとかんと。
いや、マジで資源が無限だと思ってない?
という気持ちもあいまって
個人的に節電しておりました。
節電は、地球環境を考える意味でも
これから先も大切な取り組みだと思ってます。

そんな感じっすわ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]