忍者ブログ
どうぞよろしくデス。
 28 |  27 |  26 |  25 |  24 |  23 |  22 |  21 |  19 |  18 |  17 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、祖母が亡くなりましてね。

結局、生きている間に祖母に会えたのは
数ヶ月前。
祖母が差し出した手を握り返す事もせずに
そそくさと帰宅した、あの時が最後で
結局、私は祖母の手が暖かいうちに握れないまま
実家から送り出すに至ったわけで。

でもまぁ「やっぱ、あの時・・・」という後悔を
これ以上残すのもなんだったので
祖母の遺体を洗う時、葬儀場の人に
「ご遺族様、お体に触れてあげてください」と
やたらと推奨されたのをこれ幸いに
祖母の手に触れて来ました。
湯につかっていたせいか、いつもの祖母の感触でした。

そんなこんなで、祖母が旅立ってから数週間が経ち
介護に明け暮れていた私の母も、
やっと祖母が死んだ事を実感しているようで
ガックリすると同時にボケ始めるんじゃないかしらん。

そんなおり、私の妹が
やれ、葬儀の時に線香の煙が祖母の顔に見えただの
今度は叔母が
ギックリ腰になったのは、私の夫婦仲が悪くて
お母さんが怒ってるせいかしらだの
妙な方向に行きだしている方が
母のボケよりも心配です。

二人とも、ちょっとそこに正座しろ。

てな感じで、少々イラッとしてたんですが
ついこのあいだのこと
携帯が鳴ったので取ってみると
電波が悪いのか、サーッという音の向こうから
祖母の声が聞こえるではありませんか。

「どげんしよっと?」(最近どうしてるの?)
私は驚いて、何とかして祖母が何を言っているのか
聞き取ろうとしたのですが
なぜかテレビの音量が大きすぎるのと
お笑い番組で、吉本芸人のスマイルが
しょーもない事をわーわー言っているせいで
言葉の端々しか聞こえない。
むこうも、誰につながっているのか
分からない様子でした。
私はただ「元気にしているの?」と言いたかったのだけれど
涙で声にならず、結局何も話せなかった。

・・・で、案の定それは夢だったのですが
号泣しながら目が覚めた私の左手は
開いた携帯をしっかり握りしめていたという
いやはやなんとも、おのれスマイルめ!許さん!!
という印象ばかりが残る夢でした。

あれ?ちゃうか?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
kanorinne
性別:
非公開
職業:
ひよこの雄と雌を見分けたり見分けなかったり
趣味:
落語を聴いたり漫画を読んだりする。
自己紹介:
フリーエリア




バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  カノリンヌの日常  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]